スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねんどろいどぷち 化物語セット 其ノ壹 レビュー

本日2度目の更新は
「ねんどろいどぷち 化物語セット 其ノ壹」のレビューです。
3体まとめてなので若干写真多めです。



こよみヴァンプ



(都市伝説,街談巷説,道徳塗説,話半分―か。)
というわけで一体目は阿良々木暦です。


オプションパーツはこんな感じ。


アホ毛?はこんな感じで交換可能です。


さらにこのようなポーズを再現可能。
なんかの版権イラストの再現らしいですが、正直もっとなんかなかったのかと思います。


そして、なんちゃって劇中再現。

鬼「お前の,力になれるかもしれないと,思って」




ひたぎクラブ


「銅四十グラム,亜鉛二十五グラム,ニッケル十五グラム,
照れ隠し五グラムに悪意九十七キロで私の暴言は錬成されているわ」
2体目は今回本命のガハラさんこと、戦場ヶ原ひたぎです。


オプションパーツは文房具中心。てかホチキス。





今回のねんぷちは手首も交換可能で色々なバリエーションを楽しめます。



蟹「さて,私は,あなたに私の秘密を黙っていてもらうために,
何をすればいいのかしら?」
鬼「・・・・・・!」




つばさキャット


「ケアレスミスって羨ましい」
最後はバサ姉こと、羽川翼です。



オプションパーツはバサ姉が一番ボリュームがありますね。


猫と一緒に。


メガネは取り外し可能。


猫耳発動中


ちゃんと尻尾も付けられます。



鬼「お前は何でも知ってるな・・・」
猫「何でもは知らないわよ。知ってることだけ」






以上「ねんどろいどぷち 化物語セット 其ノ壹」でした。
最近のグッスマ商品は品質管理が甘い気がするのは気のせいでしょうか。
今回も塗装が雑だったり、埃の付着などがいくつか見られました。
その辺がちゃんとしてれば文句ないものだとは思うんですがね。

6月予定の其ノ弐でアニメのサブタイにもなったキャラが揃うので発売は待ち遠しいです。
スポンサーサイト

We wanna R&R SHOW


やっと買えましたよ。
GRANRODEO新曲「We wanna R&R SHOW」。

火曜買いに行くつもりが、雨で残念。
水曜近所に行ってみたけど、置いてない。
そして今日は今日とて、髪切りに行ったあと
駅のアニメイトに行くつもりが、自転車のチェーンがご臨終で足止め。
かなり疲れた・・・

まあ何はともあれ、これからiPodにぶち込んで聴きまくりますよ~

おま罪(積み)

ここしばらく模型的な話がなかった気がしたので、
本日は製作中(絶賛放置中)のものをご紹介。



まず「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」より空深彼方。
こちらは最終回直後に何を思ったか製作を始めていました。
そして今は完全に熱が冷めてしまっているという・・・
いつか再開しないともったいないかな、ここまで出来てるんだし。



続いて・・・
















「???」より???です。
こちらは諸事情により非公開とさせていただきます(笑)
ちゃんと形になったら公開すると思う。
これに関しては今製作中だし、
熱もそこまで冷めてないんで完成はすると思うんですがねぇ。


以上少ないですが積み公開でした。

ギルス争奪戦

昨日はフィギュアーツ仮面ライダーギルスの発売日でしたね。
しかし、どこもかなりの争奪戦だったそうで。
自分はAmazonで予約していましたが、
前日に支払い番号が来なかったのでkonozamaくらったかなと心配なり。

というわけでアーシーを買うついでにトイザらスを探しましたが、見当たらず(10:05)
しかしギルスとエクストリームメモリを持ってる人は目撃したので、
今回かなり入荷数少ないなと確信しましたよ。
とりあえずギルスは支払い番号は来たのでひと安心。

あとジャスコなども見ましたが、どこもなし。ジャスコは入荷したのかどうかも怪しい感じだったので、
そこで買うつもりだった今週水曜のWセットはオクで定価以下のを見つけたのでそちらで済ませましたよ。

もうほんとアーツがここまで買い難くなるとは思いませんでしたねぇ。

これらは入手次第レビュー予定です。

TFアニメイテッド アーシー レビュー

本日は「トランスフォーマーアニメイテッド」よりアーシーのレビューです。
こちらの商品は米では通常流通はしておらず、トイザらス限定だったようです。
たぶんシーズン3で打ち切りになったのが原因だと思います。

ビークルモードはフューチャーカー
アーシーはたしか地球には来てませんので、地球の乗り物はスキャンしていません。

それでは早速トランスフォーム。

変形パターンはそんなに難しくはありません。


ロボットモード






腕の可動はこんな感じ。なかなか良く動きます。

脚はこんな程度。接地性はあまりよろしくありません。


武器はエナジーソードが2本付属

エナジーソードは背中にさせるんですが、個体差なのか刺した後のストッパーが邪魔をしてしっかり奥までさせなかったので、画像の青丸で囲んだ部分を多少削りました。


さらにこちらも個体差なのか、丸で囲んだ部分が干渉してしっかり変形させることができなかったので削りました。


あと顔が引き締まらない感じだったので、多少塗装を追加しました。

以下アクション





アーシーはあんまりアクションするイメージがないんでポーズがよくわかりません(笑)

最後に日本版OPのワンシーンを。
海外版を観る限りではこの二人が顔を合わせるシーンなんてないんですがね。

以上アニメイテッド アーシーでした。
思っていた以上に小さかったんですが、可動もあまり不満もなくなかなかいい出来でした。
日本版は基本的に米で発売されていないものを中心に購入していく予定です。
というかほとんど海外版を既に買ってしまっているんですがね(笑)

スカル!2

更新ついでに続けて。
前回のスカルはチャームになりましたよ。

前回のプラ板スカルエンブレムをおゆまるで型取り、カラーエポで複製。
ほんとは成形色をクリアーパープルにしたかったんですが主剤が底をつきたんで普通のクリアーで複製し、ケータイに付けるにも関わらず、塗装(汗)

はたして塗膜は何日もつのか・・・

「この声が聴こえていますか?」~♪

そろそろ今期アニメのCDリリースが始まるころであろうと思い、なんとなく音楽の話。
まぁ今期はあんまりいいと思うのがないので情報をいれていないんですが、
ただしFLOW「CALLING」は買う。
なぜなら一応FLOWファンだから。

どうでもいいけど、これきっかけで「CALLING」がEDとして使われているHEROMANみたんですが、
HEROMANってどっかでみたことあると思ったら、なんかリターンズイボンコの色違いのような(笑)
あとトップ2のディスヌフ?



あと最近になってkalafinaとfiction junctionのよさに気付き始めたぁ。
正直この2組の違いを理解するのに時間かかったわ(笑)
今はkalafinaでアルバム「red moon」から「fantasia」、fiction junctionではアニメ「おおかみかくし」OPの「時の向こう 幻の空」をめちゃくちゃ聴いてたり。後者に関しちゃぁPVもかなり自分好みなんですよねぇ。


最後に明日GRANRODEOの新曲発売日♪って思ってたら来週だった・・・
てか今日の話題内容的にtwitterでよくね?(爆)

スカル!

昨日の夜、友人と
「ガイアメモリのエンブレムデザインって凝ってるよねぇ」
とか話していて、気づいたら2時間後くらいにはこんなんが出来てました(笑)
わかる人にはわかるもの。(タイトル答えですがね)


材料はプラ板です。

まぁこれが何になるかっていったらよくわかりませんが・・・


あ、そういえば次もアイアンマンとか前回書いたような・・・まぁいいや

3.75インチフィギュア アイアンマンマークⅥ

今回は「アイアンマン2 3.75インチフィギュア]から
Ⅳ,Ⅴをすっ飛ばして、マークⅥの簡易レビューです。


前回と同様に塗装は最悪。もしかしたら前回よりひどいかも・・・



可動ジョイントはシリーズ共通っぽいんですが、マークⅥのデザイン上、
マークⅢよりも可動範囲は狭くなっています。


これにも交換用手首パーツなんてものは一切付属しません。
マークⅣには握り手、平手が逆になって付属するらしいんですよね。



そしてよくわからない武器が付属。ミサイルをセットして飛ばすことができます。


同様にカード、スタンドが付属します。




以上マークⅥでした。
今回は前回よりもパーツの癒着があまりなかったので、前回のは完全に個体差ですね。
正直マークⅢとⅥって胸以外何が違うの?っておもっていましたが、立体物触ると意外に違いがあって面白かったですね。あんまりマークⅥのデザインは評判良くないみたいですが自分はありだと思います。

次回更新もきっとアイアンマン・・・

3.75インチフィギュア アイアンマンマークⅢ

今回は「アイアンマン2 3.75インチフィギュア]からマークⅢの簡易レビューです。

アイアンマン2の日本公開はまだちょっと先ですが、米では玩具展開が開始しております。
前作を観たのはDVDになってしばらくしてからでしたので、
その時には既にマークⅢのフィギュアは入手し難くなっていたんですよね。
なので、今回は必ず確保しなくてはと思っていましたら、
前作のスーツもラインナップされていたので、マークⅢをゲットしました。

この3.75インチシリーズではムービー、コミック、コンセプトの3つジャンルで構成されています。

造形的にはなかなか良い方だと思いますが、なにぶんハスブロなので塗装精度が最悪です。



各部に軸や球体のジョイントが仕込まれていますが、
国内のアクションフィギュアを触った後ではかなり物足りない感じ。


交換用手首パーツなんてものは一切付属しないのがかなり残念。



そしてよくわからないアーマーが付属。
上に伸びているよくわからないものは、一応畳めるっぽいんですがパーツがかなり柔らかい軟質パーツで構成されている所為か、パーツにゆがみが生じていてきちんと閉まりませんでした。


おまけ?でカードが3枚付属。
3枚重ねるとアイアンマンの絵が出来上がります。
これは1作目のマークⅠの設計図っぽくて面白いですね。


カードも一緒に飾れるスタンドが付属。

以上マークⅢでした。
最後に欠点をもう1つ。パーツ間の癒着が激しすぎて最初は各部、全く動かせませんでした。
ドライヤーなどで温めることで解消できましたが、個体差なのか股関節の部分が温めて動くようにしても、数分でまた動かなくなります。

「さすがハスブロ」としかいえないような欠点ばかりをあげましたが、念願のアイアンマンのフィギュアが手に入ったことだけで満足なんです。(笑)
プロフィール

Author:mai-07
作ってるものとかを紹介しています

ワンフェスに参加してモチベが
上がっている今日この頃

メールはkhikwsk1988hotmail.com
まで
(hotmailの前に@を付けてください。)

注目中
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。